当ブログは引っ越しました。   引越し先は、           【新・MUSIC8089】 http://music8089.blog13.    fc2.com/ です。
by music8089
検索
カテゴリ
最新のトラックバック
ナチュラル、オーガニック..
from 横浜ズッコケ家族の雑貨生活
ストーンズのShine ..
from 横浜ズッコケ家族の雑貨生活
ああ70年代ロック⑦ 「..
from 横浜ズッコケ家族の雑貨生活
ああ70年代ロック⑥ 「..
from 横浜ズッコケ家族の雑貨生活
Bobby Caldwe..
from 音楽の杜
ブログ仲間
新・MUSIC8089
*FC2ブログへ引っ越しました☆

chikazoのページ
Beatlesへのルート66
無駄遣いな日々
自転車な日々
REAL LIFE
ボソっと言ってみっか・・・
我が家のレコード棚より
POP'nBlog
eclipse的な独り言
東方見聞人
80's Nonsense Time Capsule-80年代洋楽日記-
DURAN DURAN BLOG JAPAN
湘南のJOHN LENNONの独り言
タイダな日々
Tomorrow song
しんやミュージック
リュウリュウのブログ
★キルザキングのHARDな毎日
3度のメシよりCD
らめんと
楽しき♪ぶひらいふ
メイルのAOR♪大好き♪♪
はまっこチャンネル
洋楽パラダイス
80's GRAFFITI
pop music
Black ROSE
女33歳の本音
1日1曲 素敵曲
(旧)時々絵日記
(新)時々絵日記
留書
(旧)ことこと。
(新)ことこと
QUEEN BLOG
さかずうの日記
hello_imac3's BLOG
Melody Talk
いつまでも Music Life
何気ない日常。
なごやぶろぐ80’s
inuとwatashiのないしょ話
ローバーと本と音楽
Glass Onion Blog
●砂時計通信●
るんるん♪
暮らしと音楽。
catcher
Lunar
のほほん♪かじか日記
わんdaふるわーるど
音楽四方山話
音楽とコーヒーと自転車の日々
Dutch M@stiff
Pulse Blog
WORKSHOP
Backdrifting.
nowehre★land
~五線譜に乗せて~
Rock & Movie Reviews
gamba-lamba
メアリーターナー(TSBS
MUSIC blog)

てぇあてr_ぴnハムスター
音楽のある風景
三番目の住人
洋楽の泉-新館
虎の意地っぱり~何がなん
でもタイガース

今日を暮らす
Yasuyo World
Take It Easy!
雑(兎)録::日々精進
思想の坩堝
883R
最近流行りの1980年代に育ちました
あっ!tasubo-の感じた事
joviブログ
けれど何より私は生きているから
HR/HMを良い音で聴こう
音楽の杜
芸術的生活
geek laboratory
There's One In Every Crowd
日々是好収集
色々あるのさ・・・
洋楽航海記since1974



☆BlogPeople
BlogPeople TBピープル




カテゴリ:ジャズ&フージョン( 12 )
夏の準備、OK!
b0019226_22531799.jpg
George DukeA Brazilian Love Affair」 (1979年録音、2006年DSDマスターリング)  聴く

この名盤、3ヶ月の期間限定で¥1,500 ということ、しかもリマスター盤ということなのでこの機会に聴いてみようと思いました。(ボーナス・トラックも1曲あり!)

自然にブラジル・テイストが融合しているので無理なく聴くことができますね。
やっぱり George Duke はいいなあ♪

  前の記事1前の記事2前の記事3前の記事4

18歳になったばかりの シーラ・E もパーカッションで参加していたのか!

夏だけでなく1年を通して楽しめるアルバムです☆
[PR]
by music8089 | 2006-08-02 23:14 | ジャズ&フージョン
お次は2枚目!
お次は2枚目!
と言っても、僕のことではありませんよ。(笑)
自分のステレオ・セットを買ってから2枚目に手に入れたCDのことです。

2枚目のCDは、生まれて初めて買ったジャズのアルバムです。

b0019226_2055366.jpg
Keith Jarrett TrioStandards Live」 (1985年)

このアルバム、¥3,300だったんですね。当時は高かったんだなあ。。。

 【メンバー
  Keith Jarrett       piano
  Gary Peacock      bass
  Jack Dejohnette    drums

 【曲目
  Stella By Starlight星影のステラ
  The Wrong Blues
  Falling In Love With Love恋に恋して
  Too Young To Go Steady
  The Way You Look Tonight今宵の君は
  The Old Country

最初にこのアルバムを聴いた時、正直言って 「???」 でした。
何故?って?
それはね、ピアニストのキースおじさん、ピアノを弾きながらスキャットで歌うわ、うなり声は上げるわ、で何とも違和感があったんですよ。。。
演奏そのものはいいんですがねぇ。。。
ただ、仕事から帰宅してお風呂に入って夕食を食べて、そして音楽を聴くんですけど2枚しかCDがない。(もう1枚はマンハッタンズ) だから聴かざるを得ないんですよ(笑)
そうやって何回か、いや20~30回か聴いた時に段々と良さが分かってきたんです。
どの曲も好きなんですが、‘The Old Country’ が特にお気に入りで、この曲を聴くと涙が出る時があります。。。

ジャズの中では最高のアルバムだと思っているこのアルバムですが、印象深い思い出があります。

続きを読む
[PR]
by music8089 | 2006-05-27 21:10 | ジャズ&フージョン
ついつい・・・
今日、梅田の阪神百貨店の前を通るとポスターが貼ってあり、8階催場で 【中古&廃盤レコード・CDセール】 をやっているじゃないですか! ちょっと見るだけ・・・そう思って8階に上がったのですが・・・。

b0019226_225327.jpg

Eric DolphyOut To Lunch」 (1964年録音)
Thelonious MonkThelonious Himself」 (1957年録音)

「リマスタリング」「完全限定版」「紙ジャケ」「廃盤」・・・・・。
これらの言葉は禁句です。この言葉を聞くと魔力がかかったように手が伸びてしまいます。
気が付くと買っているじゃないかっ!!!

ちょっと見るだけぇ? 
そんなわけないじゃん!?

でも、
聴きたかったアルバムだから、いいかぁ☆
[PR]
by music8089 | 2005-12-28 22:58 | ジャズ&フージョン
クレオパトラの夢
b0019226_21374332.jpg

Bud PowellThe Scene Changes」 (1958年)

昔、TBS系で日曜の夜11時ぐらいから 村上 龍 の 「Ryu's Bar」 という対談番組がありました。多彩なゲストとアルコールを飲みながらの話が面白かったなあ。。。
(アサヒビール提供)
そのオープンニグで使われていた曲が ‘Cleopatra's Dreamクレオパトラの夢)’ でした。この曲、好きなんですよねぇ。。。    聴く

  *余談
    この番組 (「Ryu's Bar」) に匹敵する対談番組は、「たかじんのばぁ~
    しかない!

それとこのジャケット、何とも言えないでしょう? 後ろに写っているのは息子のジョンですけど、気難しそうな Bud との対比がこの家族の将来を暗示しているかのようですね。
[PR]
by music8089 | 2005-09-22 21:39 | ジャズ&フージョン
渋いねぇ。。。
b0019226_21112050.jpg
Larry CarltonLast Nite」 (1986年)

ベイクド・ポテトで行われたライヴを収録しているのですが、渋い!
マイルス・デイビス の ‘So What’ ‘All Blues’ などはまさに絶妙。

そして、ラストの ‘Emotions Wound Us So’ は、何ともムードのよいバラード・・・。
余韻の残るアルバムですね。。。

Larry Carlton official homepage

Layla’ ←Larry Carlton が演奏!

b0019226_21252411.jpg
[PR]
by music8089 | 2005-03-05 21:35 | ジャズ&フージョン
Stan Getz
b0019226_9543624.jpg
Stan Getz のアルバム 「Stan Getz Plays」 (1952年)

いろいろなブログで Stan Getz のこのアルバムが紹介されていたので気になっていました。
昨日、ようやくアマゾンから届いたので2度、3度と聴いていますが、なかなかいいですね♪
スタンダード・ナンバーをうまく料理しているなあ、と感じました。料理の仕方も素材の活きのよさを最大限に引き出す感じで、調味料は必要最小限、火加減バッチリ!

The Way You Look Tonight (今宵の君は)’
Body And Soul (身も心も) ’

このあたりの曲がいいですね。。。
あっ、それとジャケット、なんとも言えないでしょ!
[PR]
by music8089 | 2004-10-31 10:07 | ジャズ&フージョン
秋、今宵は・・・
b0019226_2157599.jpg
Art Pepper のアルバム 「Art Pepper Meets The Rhythm Section」 (1957年)
このアルバムは、平成7年の4月に腰のヘルニアの手術で入院したときに会社の先輩からお見舞いでもらいました。
病院では、退屈だったので本もよく読んだし、音楽もたくさん聴きました。その中でも特に印象に残っているのがこのアルバム。今はレコーディングと言えば、編集が当たり前だけど、これはワン・テークで取っています。

●メンバー
 Art Pepper      alto sax
 Red Garland     piano
 Paul Chambers  bass
 Philly Joe Jones  drums

平成7年4月と言えば、阪神大地震の3ヵ月後で何かと大変だったことを思い出します。42年の人生の中で一番落ち込んでいた時期かもしれませんね。。。

今宵も聴いています。じっくりと味わいながら・・・。
[PR]
by music8089 | 2004-10-21 22:12 | ジャズ&フージョン
秋になると・・・
b0019226_116157.jpg
Cannonball Adderley 「Somethin' Else 」 (1595年1958年 BLUE NOTE)

メンバーは、

Cannonball Adderley   (アルト・サックス)
Miles Davis          (トランペット)
Hnak Jones          (ピアノ)
Sam Jones          (ベース)
Art Blakey           (ドラム)

このアルバムの実質的なリーダーは、Miles Davis
Miles Davis がシャンソンの名曲 ‘Autumn Leaves枯葉)’ を取り上げて名曲に仕上げた。これ以降、枯葉はジャズのスタンダードとなった。

秋になると珈琲を飲みながらこのアルバムをよく聴く。。。  
[PR]
by music8089 | 2004-10-02 10:55 | ジャズ&フージョン
肩の力を抜いて・・・
b0019226_1822273.jpgまた、暑い日がぶり返したりしていますが、ちょっと肩の力を抜いて・・・。

Bill Evans Trio のアルバム 「Waltz for Debby

ピアノ・トリオでメンバーは、
pianist   :  Bill Evans
bassist   :  Scott LaFaro
drummer :  Paul Motian

このアルバムは、常に聴いてますね、季節に関係なく。。。
しかし、特にこれからの季節にはよいのではないでしょうか?

本当に美しい音楽とは、このことを言うのかというぐらいに美しい・・・。
[PR]
by music8089 | 2004-09-21 18:15 | ジャズ&フージョン
ラリー・カールトン
b0019226_056227.jpgb0019226_0562993.jpg









ちょっと趣を変えて、Larry Carlton を取り上げます。フュージョン・ギタリストの中でもトップ・クラスの彼が同じくトップ・クラスの Lee Ritenour と組んだアルバム 「Larry and Lee」 (1995年・写真左) 両雄が並び立ってしまうところがすごいですね!
聴いてみれば、二人のギター奏法の違いなんかも感じると思います。

そして、写真右側の Larry がアコースティック・ギターで奏でるアルバム 「Alone But Never Alone」 (1986年)
このアルバムなんですが、僕は夏によく聴きます。海で寝そべっているときや、午後3時半ごろ(?)、そしてドライブ、と結構シチュエーションを選ばずに聴けますね。。。

あと、Last Night っていうライブ・アルバムもいいなぁ。。。
[PR]
by music8089 | 2004-09-19 00:58 | ジャズ&フージョン